ストリップショーが行われることもある中国の葬儀、「日本では絶対にありえない」=中国

中国の葬儀で女性のストリップショーを行うケースが増加 香典が増えるロジック

記事まとめ

  • 近年中国では、葬儀と呼ぶにふさわしくない「悪趣味」な式が増えているという
  • 参列者を増やすために女性がストリップショーを行う葬儀もあり、問題視されている
  • 今日頭条は、日本の葬儀は中国に比べ「シンプルだが、恭しさがある」と伝えた

ストリップショーが行われることもある中国の葬儀、「日本では絶対にありえない」=中国

ストリップショーが行われることもある中国の葬儀、「日本では絶対にありえない」=中国

中国メディアは、中国では近年、「葬儀」と呼ぶにふさわしくない「悪趣味」な式が行われるようになっていると紹介する一方、日本の葬儀は中国に比べて「シンプルながら恭しく、悪趣味な内容は一切ない」と伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本と中国には似た文化が数多く存在するが、「葬儀」の文化については大きく異なっていると言えるだろう。日本人と中国人の死生観が異なっているためか、中国では墓は日常から遠く離れた場所にあるべきものであるため、日本のように住宅の近くに墓があるのは大きな驚きなのだという。

 また、近年の中国では葬儀の場で「女性のストリップショー」を行うケースが増え、問題視されている。ストリップショーを行うことで葬儀の参列者が増え、結果的に香典が増えるというロジックなのだが、日本では絶対にありえないことが行われているという点からも日中の違いを感じ取ることができる。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では近年、「葬儀」と呼ぶにふさわしくない「悪趣味」な式が行われるようになっていると紹介する一方、日本の葬儀は中国に比べて「シンプルながら恭しく、悪趣味な内容は一切ない」と伝える記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は過去に日本で日本人の葬儀に参列したことがあるというが、日本の葬儀に対する印象について「死者に対する尊厳と敬愛に溢れていて、中国の一部で見られるような泣き屋が登場して大泣きするような場面は見られなかった」と伝え、日本人と中国人の死生観が大きく違っているのを感じたと紹介した。

 さらに、近年は日本の葬儀も変化を遂げており、より簡素な一日葬や直葬も増えているほか、樹木葬や散骨なども一般化しており、埋葬の形も多様化していると紹介。だが、多様化するなかでも死者に対する尊厳と敬愛は失われておらず、参列者を集めるためにストリップショーなどが行われることはないと指摘し、日本の葬儀は中国に比べて「シンプルだが、恭しさがある」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)