中国人は日本の軍事力を軽視してはならない! その理由は・・・=中国メディア

中国人は日本の軍事力を軽視してはならない! その理由は・・・=中国メディア

中国メディアは、中国人は「日本の軍事力を軽視してはならない」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 歴史的要因があるためか、中国では日本の軍事・防衛に対して警戒心を抱く人は少なくない。中国メディアの新浪は7日、中国人は「日本の軍事力を軽視してはならない」と論じる記事を掲載した。

 記事は、軍事力と経済力は一定の相関性があるとし、その理由は非常に簡単だと強調、「国の資産と安全を守るためには軍事を発展させることが必要だからであり、年収の高い人が家のセキュリティにお金をかけるのと同じだ」と指摘した。

 続けて、日本の経済力は世界3位であることから「当然のごとく、軍事に力を入れている」と主張し、米グローバルファイヤーパワーがまとめた2019年の軍事力ランキングで日本は世界6位だったとし、多くの中国人は「日本は長期にわたって米軍が駐留しており、在日米軍によって日本の軍事力には制限されているはず」と誤解しているが、実際には日本の順位は英国やドイツを上回っていると紹介した。

 一方、自衛隊は正式な軍隊ではなく、あくまでも防衛のための組織であり、自ら敵を攻撃することは許されていないと紹介。また、空母や大陸間弾道ミサイルなどを保有できないとされていると紹介し、こうした点から「米国は自国の安全のために日本に対して制限を課していることが分かる」と主張する一方で、「こうした制限がありながらも、日本の軍事力は世界有数」であり、日本の軍事力がいかに強力であるかがよく分かると主張した。

 さらに記事は、日本は護衛艦を空母に改修して運用する方針を示していると伝え、もし平和憲法が改正されれば、その軍事力はさらに強大になると主張し、中国人は「日本の軍事力を軽視してはならない」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)