日本で暮らす中国人が増加中、「日本の何がそんなに魅力なのか」=中国メディア

日本で暮らす中国人が増加中、「日本の何がそんなに魅力なのか」=中国メディア

日本で暮らす中国人が増加

日本で暮らす中国人が増加中、「日本の何がそんなに魅力なのか」=中国メディア

中国メディアは、「日本社会の何が彼らを引き付けたのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 留学や就職などの理由で日本で暮らす中国人の数は増加している。日本経済は近年低迷を続けており、中国経済の方が勢いがあるはずなのに、なぜ一部の中国人は日本で暮らすことを決めたのだろうか。中国メディアの今日頭条は5日、「日本社会の何が彼らを引き付けたのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事はまず、「近年、日本を訪れる中国人観光客が増加し、日本に長期滞在する中国人も増加している」と伝え、こうした事実から中国人の日本に対する感情は大きく変化してきていることが分かると指摘。法務省の統計でも、在留中国人の数は年々増加しており、多くの中国人が日本で生活することを選ぶようになっていることが分かると主張し、一体「日本社会の何が彼らを引き付けたのか」と問いかけた。

 記事はいくつかの理由を挙げているが、日本で「高収入の仕事に就けること」は中国人にとって大きな魅力となっていると指摘。以前ほどではないが、「現在も真面目に働き、貯蓄に励めば中国で働くよりも短期間で稼ぐことができる」と主張した。また、日本社会で生活することのメリットは他にもあり、「治安が良いこと、子どもを育てるうえでの環境の良さ、交通機関の発達、福利厚生の充実」を挙げた。

 中国では子どもに良い教育を受けさせるため、入学を希望する学校の学区内に家を購入し、様々な習い事や塾に通わせ、少しでも子どもが競争で優位に立てるよう金銭と労力をつぎ込む親が数多く存在し、大きなストレスを抱えていると言われている。

 しかし、日本社会を見ると親の経済状況に関わらず、子供は一定の質の教育が受けられるうえ、日本は社会保証も充実しているため安心して暮らすことができる。中国人ネットユーザーからも「中国は家、医療、学費のすべてが高額すぎる」と不満を訴える声が寄せられているが、経済的な重圧を抱える中国人にとって日本の環境は非常に魅力的に映っているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)