抗日ドラマに存在する数々の矛盾点、日本人がネット上で盛り上がっているぞ=中国

抗日ドラマに存在する数々の矛盾点、日本人がネット上で盛り上がっているぞ=中国

中国メディアは、抗日ドラマの矛盾点に関する話題で日本人がネット上で盛り上がっていると紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では今でも「抗日ドラマ」が制作、放映されている。近年は抗日ドラマの表現がどんどん過激になり、誇張した描写も随所に見られるようになり、手榴弾で戦闘機を打ち落としたり、手刀で人間を切り裂いたりと、実際にはありえない描写が含まれた抗日ドラマも登場、批判の対象となった。

 中国メディアの捜狐はこのほど、抗日ドラマの矛盾点に関する話題で日本人がネット上で盛り上がっていると紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、「抗日ドラマ」は中国国内でも、多くの矛盾点があることが指摘されていて、粗雑な内容であることの「代名詞」となっていると指摘しつつ、近年のグローバル化により海外でも抗日ドラマを視聴することができるようになっていると紹介。そして、その矛盾点に関する話題で日本のネット上は盛り上がっていると伝えた。

 続けて、日本のネット上では抗日ドラマに登場する旧日本兵の服装や装備に大きな矛盾があると指摘されていると紹介、その服装は「まるでコスプレを楽しんでいる人たちのようである」ほか、装備については「米軍の装備を所持しているのはおかしい」などと様々な矛盾点が指摘されていると論じた。

 さらに記事は、日本兵が銃と共に「日本刀」を所持している描写があったことが「日本人を最も混乱させた」と紹介し、時代背景がばらばらであり、史実に基づいていない描写が日本でも嘲笑されていると論じた。

 抗日ドラマには様々な矛盾や誇張表現があることは中国でも周知の事実となっていて、ネット上では冷笑しているユーザーも少なくない。また、一部の抗日ドラマでは主人公が「神がかった活躍」をすることを揶揄して、現実にありえない描写のある抗日ドラマは「抗日神劇」とも呼ばれている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)