驚くのも無理はない! 日本では「汚れていて当然の場所やモノ」ですら清潔なんだもの=中国

驚くのも無理はない! 日本では「汚れていて当然の場所やモノ」ですら清潔なんだもの=中国

中国メディアは、建設現場で使われる重機やトラックは汚れていても全くおかしくない存在だが、「日本ではまるで新車のように綺麗に清掃されている」と伝えつつ、日本の清潔さが世界で称賛されるのも当たり前だと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れた中国人が驚くことの1つに「清潔さ」が挙げられる。本来は汚れていてもおかしくない場所でも日本では全く汚れていないため、訪日旅行で最も印象に残っているのは「清潔さ」という中国人も少なくない。

 中国メディアの新浪はこのほど、建設現場で使われる重機やトラックは汚れていても全くおかしくない存在だが、「日本ではまるで新車のように綺麗に清掃されている」と伝えつつ、日本の清潔さが世界で称賛されるのも当たり前だと伝えた。

 東京都内では五輪に向けて様々な場所で建設工事が行われていたが、記事は「建設現場であっても、周囲は非常に清潔」で、中国のように埃っぽさはなく、周辺の場所が泥だらけになっている様子は全く見られなかったと指摘。また、中国ではときおり黒煙を吐きながら走るトラックを見かけることがあるが、日本ではそのようなトラックは存在せず、また汚れていても不思議ではないトラックまでもが清潔だと強調した。

 さらに、日本ではトイレも非常に清潔だと指摘した。中国人の感覚では「トイレは汚れていて、嫌な臭いがあるのが普通」というものだが、日本ではこの感覚が完全に覆されると強調。日本では「商業施設のなかで最も良い香りがするのはトイレ」だという話は決して誇張ではないと伝え、こうしたトイレに魅了され、多くの中国人が日本で温水洗浄便座を購入したのは無理はないことだと伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)