日本のラーメンはどうして世界的に有名なのか、それは1度食べればわかる=中国メディア

日本のラーメンはどうして世界的に有名なのか、それは1度食べればわかる=中国メディア

中国メディアは「日本のラーメンはどうして世界的に有名なのか、それは1度食べればわかる」とし、中国のラーメンよりも優れている点について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は26日、「日本のラーメンはどうして世界的に有名なのか、それは1度食べればわかる」とし、中国のラーメンよりも優れている点について紹介する記事を掲載した。

 記事はラーメンについて、日本の飲食文化における「重量級の食べ物」であり、日本人にとってはかけがえのない国民的料理であると紹介。その根源は中国にあるものの、中国から学んだあとは絶えず改良が加えられ、中国には日本ならではの特徴を持つようになったとし、その味わいについて「1度食べれば、われわれに学ぶべき点があることが分かる」と伝えている。

 そして、日本では地域によってそれぞれ異なるラーメンが食べられており、好みのラーメンも多種多様であるとする一方、どのラーメンにも共通している点があると指摘。それはスープに手間暇をかけていることだと伝えた。また、日本のラーメンには醤油、みそ、塩、とんこつ、魚介だしなどのスープが存在し、中でもとんこつスープは世界的に有名であるとした。

 記事は、今や日本で最も有名とされるとんこつスープのラーメンを食べてみると、日本のラーメンが本当に素晴らしいものであることが分かると紹介。豊かな香りと濃厚な味わいを持つスープは、単調になりがちな中国のラーメンが学ぶに値するとしたほか、具材の豊富さについても蘭州ラーメンに代表される中国のラーメンが及ばない点だと解説している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)