寿司がこんなに美味しいなんて・・・日本の寿司屋で魅力を知った=中国メディア

寿司がこんなに美味しいなんて・・・日本の寿司屋で魅力を知った=中国メディア

中国メディアは、日本の寿司の魅力を伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では生食は一般的ではないが、日本に来て刺身のおいしさに目覚める人は多いようだ。中国メディアの百家号は27日、日本の寿司の魅力を伝える記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は日本で寿司屋に入る機会があり、「寿司の魅力」を知ったそうだ。筆者によると、寿司で最も重要なのはネタ選びではなく、板前の「技術」を楽しむことにあるという。

 寿司はあまり好きではなかったが、友人らに強く勧められて、ある寿司屋に入ったという筆者。ここでは、カウンター席に座ったために「日本で最も日本らしいもの」を目の前で見ることができたと感動を伝えている。

 筆者が驚いたというのは寿司職人のその素早い手さばきだ。魚の処理があまりにも素早くて、目の前で見ているにもかかわらずこれ以上ないほど驚いたと振り返り、「これぞ匠の作品」とすっかり感動した様子だ。

 味も、最初に口へ入れた瞬間、口に広がるそのおいしさに感動したと紹介。これまでに食べた寿司の中で最もおいしく、米はもちもちしていてモチ米よりも柔らかく、シャリのうえにワサビを付け、その上に手際よくネタを乗せていくその様子に職人技を感じ、「寿司が好きになってきた」と紹介している。ちなみに、寿司屋では茶わん蒸しも外せないと紹介している。

 中国人の中には、生の魚など食べられないと食べず嫌いな人もいるが、おいしい寿司を食べる機会さえあれば、きっと寿司が好きになるはずだ。そして、寿司が握られていくところを見れば、より寿司が好きになることは間違いなく、筆者のようにぜひカウンター席を試してみてほしいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)