日本人が乗る車って「どうしてサンルーフがついてないの?」=中国メディア

日本人が乗る車って「どうしてサンルーフがついてないの?」=中国メディア

中国ではかなりの割合で車にサンルーフが付いているが、なぜ日本人はあまりサンルーフを付けないのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では日系車の人気が相変わらず根強いが、中国と日本のユーザーは自動車に求めるものに違いがあるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、なぜ日本にはサンルーフのついた車が少ないのかについて分析する記事を掲載した。中国ではかなりの割合で車にサンルーフが付いているが、なぜ日本人はあまりサンルーフを付けないのだろうか。

 記事によると、その主な原因は、日本人にとって自動車は「移動の道具」に過ぎないからだという。自動車市場が成熟している日本では、自動車に求めるものは「質と実用性」であり、中国のように「メンツ」ではないと指摘した。そのため「サンルーフがついているかどうか」は日本人にとって全く重要な問題ではないとしている。

 そのうえ、気候の良い日本ではオープンカーに乗る人も多く、2台以上保有している家庭も多いので、サンルーフを付けるよりオープンカーを購入していると分析した。

 記事は「先進国で経済力があるのにサンルーフを付けない」のが中国人には不思議だとしているが、実際のところ「必要ないから付けない」だけなのではないだろうか。実際、日本では付けなくてもよかったと思うオプションの上位に来るのがサンルーフだ。中国人の間でも、徐々に「必要はない」ということに気づく人が増えているようだが、それでもサンルーフ人気は根強い。

 記事に対して寄せられたコメントを見ると、「サンルーフのある車ばかり乗って20年になるが、一度も使ったことがない」という人や、「暑いだけで良いことが何もない、笑えてしまう」など、実用的ではないことを指摘するコメントが少なくなかった。

 また、「サンルーフのない車が買えない」という指摘もあった。日本とは違い、標準装備になっているので欲しくないのに付いてきてしまうことが多いようだ。現在の中国では、自動車に「実用性」を求めるのは難しいのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)