日本を訪れたらスーパーマーケットに立ち寄るべき! 見て楽しく、買って美味しい=中国

日本を訪れたらスーパーマーケットに立ち寄るべき! 見て楽しく、買って美味しい=中国

中国メディアは、「日本を訪れたら必ずスーパーマーケットに立ち寄るように」と勧める記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人にとって日本は手軽に訪れることができる国の1つであり、今や中国人たちは国内旅行と同じような感覚で買い物や観光を楽しんでいるが、最近は「日本ならではの体験」も求めるようになっている。中国メディアの新浪は1月30日、「日本を訪れたら必ずスーパーマーケットに立ち寄るように」と勧める記事を掲載した。

 中国人が日本旅行中に訪れる場所といえば、これまでは東京タワー、金閣寺、奈良公園、そして北海道の観光地などがメジャーな人気スポットとされてきたが、記事は「観光地を訪れることに飽きたら地元のスーパーマーケットに行くのが一番楽しく、日本人の生活も理解できる」と主張し、日本の大型スーパーマーケットを紹介した。

 団体ツアーで日本を訪れる中国人観光客は、大抵ガイドが勧める免税店に行くことになる。ブランド品を販売する免税店は信頼できるとしつつも、「一部の医薬品やコスメはスーパーマーケットでより安く購入できる」と指摘。また、購入した金額が一定額に達するなら免税措置を受けることもできると説明した。

 また、中国人観光客が多く訪れる大型スーパーマーケットは、「免税カウンターの設置や中国で利用されている電子マネーに対応するなど、非常に便利になっている」とし、中国人観光客向けのサービスが揃っていると訴えた。

 その他、日本のスーパーマーケットの食品の販売方法は中国とは異なるために、見て回るだけでも楽しめると指摘。中国では一般的に500グラム単位の量り売りだが、日本では野菜や肉などが綺麗に包装され、使い切りやすい量で売られていることも新鮮なのだという。また、総菜コーナーで販売される「寿司や天ぷら、たこ焼きやコロッケ、焼き芋は非常においしい」と伝え、見て楽しく、買って美味しいのが日本のスーパーだと論じた。

 中国人は日本のスーパーで「小分けにカットされた野菜や少量で販売される総菜」を見ると不思議に思うというが、これは「少子高齢化が進み、一人暮らしの世帯が多いことを示している」と説明。こうして日本人のリアルな生活を垣間見ることができ、体験もできるスーパーマーケットを新たな観光スポットとして紹介した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)