日本で爆発的な人気を誇る「スーパーフード」、それは「サバ缶」だ!=中国メディア 

日本で爆発的な人気を誇る「スーパーフード」、それは「サバ缶」だ!=中国メディア 

中国メディアは、健康的な食文化を持つとしてしばしば注目される日本において、サバの缶詰が「スーパーフード」として非常に大きな人気を誇っているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は5日、健康的な食文化を持つとしてしばしば注目される日本において、サバの缶詰が「スーパーフード」として非常に大きな人気を誇っているとする記事を掲載した。

 記事は、近年健康に有益で疾病の症状を緩和してくれるという「スーパーフード」の概念が流行していると紹介。医学においては「スーパーフード」という考え方は存在せず、「スーパーフード」と呼ばれる食べ物の機能や効果がしばしば誇張されて伝えられるとする一方で、「スーパーフード」として巷で注目を集めれば、その食品の売り上げは急激に高まると伝えた。

 そして、その一例として、日本におけるサバの缶詰の人気ぶりに言及。日本の缶詰業界団体の調査により、サバの缶詰の生産量は2009年の2万8000トンから10年後の2019年には4万9000トンにまで増えたとし、その背景にはテレビ番組などでしばしばサバが持つ健康増進効果が紹介されて、需要が大きく増えたことがあるとする業界団体関係者の話を紹介している。

 記事は、日本のテレビなどではしばしばサバについてDHAやEPAを豊富に含んでいる、水煮缶は焦げ目がつく焼き魚に比べて体にいいといった紹介がされていると説明。サンマやカツオといった他の魚の缶詰は販売数が減少しているにもかかわらず、サバの缶詰だけは売り上げが増え続けているとし、関係者が「これまでにもサバ缶ブームはあったが、10年もの長い間続くのは初めて」と語ったことを伝えた。

 そのままでも、もしくは、ちょっと醤油を垂らすだけで立派なおかずになるサバの水煮缶は、シンプルな味付けであるがゆえにさまざまな料理に応用することもできる。そのうえ健康にいいという話を聞けば、みんなが喜んで買い求めるというのも理解に難くない。日本の食文化に大きな関心を持つ中国の人たちの間でも、今後「サバ缶」が健康志向の食べ物として注目を浴びるかもしれない。(編集担当:今関忠馬)

関連記事(外部サイト)