東京には発達した地下鉄があるのに! あえて乗らない人がいるらしい=中国

東京には発達した地下鉄があるのに! あえて乗らない人がいるらしい=中国

中国メディアは、「地下鉄に乗らずに歩く日本人がいるなんて、信じられない」と紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 東京や大阪などの大都市は、交通が非常に発達していて移動に便利だ。東京23区に関していえば、東京メトロは9路線179駅、都営地下鉄も4路線106駅あり、計13路線285駅もある。

 しかし、こんなに便利にもかかわらず、日本人の中にはあえて「地下鉄に乗らない」人もいるという。中国メディアの今日頭条は5日、「地下鉄に乗らずに歩く日本人がいるなんて、信じられない」と紹介する記事を掲載した。

 なぜ「日本人はあえて歩く」のだろうか。記事は、日本の電車や地下鉄が「非常に混雑」しているからだと分析。記事は、混雑ぶりは「中国人が想像できないほど」で、混雑を避けるために多少の距離なら地下鉄に乗らない人がいると伝えた。

 また、特に夏の時期は薄着になるため女性には「気まずい状況」が生じるとも紹介。そのうえ、においが気になる季節であるため、混雑した車内は「非常に不快になる」と指摘した。それで「よほどのことがなければ夏の時期は地下鉄に乗らない日本女性もいるらしい」と、日本の女性に同情を示している。

 記事の指摘が正しいかどうかはさておき、日本では一駅手前で降りて歩く人や、少し遠い店まであえて歩いて買い物に行くなど、普段から健康のために歩くようにしている人は少なくない。それで混雑を回避し健康にも役立つとなれば一石二鳥と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)