我が国が創造した美食「餃子」が日本人の胃袋を掴んでいる!=中国メディア

我が国が創造した美食「餃子」が日本人の胃袋を掴んでいる!=中国メディア

中国メディアは「中国の餃子は日本人の胃袋を掴んでいる」と論じる記事を掲載、日本人が餃子製造機を発明するほど餃子は人気であり、機械でも生産が間に合わないほど餃子は日本で大人気だと紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の懐石料理の美しさや美味しさに感動する中国人は少なくないが、中国の伝統的な料理のなかに日本人を感動させる美食はあるだろうか。中国メディアの新浪は5日付で「中国の餃子は日本人の胃袋を掴んでいる」と論じる記事を掲載、日本人が餃子製造機を発明するほど餃子は人気であり、機械でも生産が間に合わないほど餃子は日本で大人気だと紹介した。

 記事は、中国人は世界的に見ても「食べるのが大好きな人びと」であり、また中国は独特の美食を数多く創造した国でもあると主張。中国の美食文化は周辺国家にも大きな影響を与えており、例えば中国が創造した美食の1つである「餃子」は日本で非常に人気があると論じた。

 さらに、日本人にとって餃子は「魂の一品料理」であり、また「美味しすぎる」料理であるゆえに、日本は本来懐石料理など細やかで美しい手作りの料理を好む国であるにもかかわらず、こうしたこだわりをかなぐり捨てて「餃子製造機」も発明され、餃子という美食を大量に製造するようになったと主張した。

 また記事は、日本の製造機械が非常に優秀であることは、どの中国人もよく知っていると前置きしたうえで、日本人が発明した餃子製造機は人をほとんど必要とせず、餃子の皮を伸ばす作業から餃子を包む作業まですべての過程をこなせるうえに、餃子1個を1秒で生産するという効率の高さだと紹介。一方、餃子製造機を使っても生産が間に合わないほど、餃子は日本で非常に人気があると説明し、「中国の餃子は日本人の胃袋を掴んでいる」と言っても過言ではないことを強調した。

 日本の伝統的な美食の素晴らしさに感動を覚える中国人は多く、またそうした記事を掲載する中国メディアも少なくないが、記事は中国にも日本に大きな影響を与えた伝統的な美食があるという点を読者に紹介している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)