「コンパクト」以外にもある、中国とは違う日本の自動車の特徴=中国メディア

「コンパクト」以外にもある、中国とは違う日本の自動車の特徴=中国メディア

中国メディアは、軽自動車をはじめとするコンパクトな自動車が非常に多いこと以外に存在する、日本国内で走っている自動車が持つ特徴について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は9日、軽自動車をはじめとするコンパクトな自動車が非常に多いこと以外に存在する、日本国内で走っている自動車が持つ特徴について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本に行くとコンパクトな自動車をとても多く見かけるとしたうえで、「しかも、大多数の自動車は天窓が装備されていないのだ」と紹介。中国国内では非常に多くの自動車に天窓が装備されており、天窓の有無が自動車を購入する上での大きなポイントになるとし、この点でも日本と中国で好まれる自動車の特徴が異なっていることを伝えた。

 そして、車内を明るく保ち解放感が得られる天窓が日本の自動車にあまり装備されない理由について「日本では、市民がマイカーを所有する歴史がすでに長くなっており、一般の消費者は自動車をあくまで足替わりと考えているため、見栄を張るために必要以上の装備を付けるようなことはしない」と解説している。

 また、開放感を求める日本のドライバーは主に後部座席のために取り付けられる天窓ではなく、屋根自体が開くことでより開放感が味わえるオープンカーを好むと紹介。天気のいい日にはしばしばオープンカーを見かけると伝えた。

 記事は最後に「日本人にとって天窓は、実用的な価値がない設計であり、わざわざお金を払って取り付けるようなものではないのだ」と結論付けている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)