日本料理は中華料理と全く違うが「人を感動させる美食」という点で共通=中国メディア

日本料理は中華料理と全く違うが「人を感動させる美食」という点で共通=中国メディア

中国メディアは、日本料理は中華料理とは全く異なる料理であることを強調する一方、「人を感動させる美食である」ことは共通しており、日本料理はその美味しさを想像しただけで涎が出る料理だと絶賛する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディアの今日頭条は5日付で、日本料理は中華料理とは全く異なる料理であることを強調する一方、「人を感動させる美食である」ことは共通しており、日本料理はその美味しさを想像しただけで涎が出る料理だと絶賛する記事を掲載した。

 記事は、日本の懐石料理は「芸術的な料理」の1つだと紹介。季節の食材を厳選して選ぶ料理であり、また食材そのものが持つ味を重視する料理でもあると説明した。

 また、懐石料理は食器のデザインや盛り付け方も非常に細やかで美しく、まるで「一種の芸術表現のようだ」と称賛し、ミシュランガイドに掲載されるような有名店で懐石料理を味えば「その美味しさに感嘆する」だろうと論じた。

 続けて、寿司は「日本料理の象徴」であると表現し、中国人が日本料理と聞いて真っ先に思い浮かべる料理だと説明し、シャリとネタ、ワサビのハーモニーを体験すれば、生モノが苦手な中国人であってもその美味しさに魅了されるはずだと論じた。

 また天ぷらは日本を代表する美食の1つであり、海産物や肉、野菜に天ぷら衣をつけて油であげるシンプルな料理だと勘違いしてはならないと指摘し、日本の有名店では「簡単に作れるように思える揚げ物が芸術作品の域まで高められている」と指摘し、本物の天ぷらを食べれば、その味と芸術性に感動を覚えるだろうと絶賛した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)