否定できない「日本人の民度」、どんな教育を施せばこんなに高くなるの?=中国

否定できない「日本人の民度」、どんな教育を施せばこんなに高くなるの?=中国

中国メディアは、日本人の民度について「その高さを否定することはできない」と主張しつつ、どのような教育を施せば民度を高くできるのかと問いかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れ、日本人と接触する機会を持つ中国人が増えたためか、中国のネット上では近年、日本人の民度の高さを称賛する書き込みが増えている。中国メディアの今日頭条は12日、日本人の民度について「その高さを否定することはできない」と主張しつつ、どのような教育を施せば民度を高くできるのかと問いかける記事を掲載した。

 記事は、日本人の民度は「教育によって形成されている」とし、子どもたちに提供する教育においては「礼儀」と「他人の尊重」を重要視していると主張。日本人は幼稚園や保育園の頃から「他人への感謝」を教わり、親や教師の身を以ての指導のもと、日本の子どもたちは幼少のころから基本的な素養を身につけていくと紹介した。

 続けて、日本を訪れたことのある中国人ならば「日本の子どもが横断歩道を手を上げて渡り、渡り終えてから自動車の列に向かってお辞儀をする姿」を見たことがあるかもしれないと指摘し、日本では子どもでもこのような礼儀正しい行動が取れるのはまさに教育の賜物であることを指摘した。

 また記事は、中国では「子どもはいつまでたっても子ども」として、子が成長しても日常生活の世話をする親が少なくないとしながらも、日本では子どもの頃から「将来に向けた自立」が意識されていると紹介し、「自分の荷物は自分で持ち、トラブルが起きても自分で解決する」と指摘した。

 さらに、日本の小中学校では子どもたちが自分で学校の掃除を行うのが普通であり、給食なども生徒たちが自ら配膳し、片付けると伝え、こうした教育を通じて「集団行動や団体行動に必要な精神」を学び、「他人との協調性」を養うと指摘。つまり、否定できない日本人の民度の高さは「教育」によって形成されているのだと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)