日本人が好きな中華料理はこれだ! 「中国人が見たことがない中華料理も・・・」=中国

日本人が好きな中華料理はこれだ! 「中国人が見たことがない中華料理も・・・」=中国

中国人は外国でどのような中華料理が食べられているのか気になるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 世界3大料理の1つに数えられている中華料理だが、一口に中華料理と言っても、北京料理や上海料理、広東料理、四川料理など様々な料理が存在していて、これら以外にも多種多様な料理が各地方に存在している。

 近年のグローバル化の波は料理にも当てはまり、今や世界各地で中華料理を食べることができるが、本場の中華料理と外国で食べられている中華料理には違いも存在し、中国人は外国でどのような中華料理が食べられているのか気になるようだ。

 中国メディアの今日頭条は12日、日本で人気の中華料理を紹介する記事を掲載し、「中国人が見たこともない料理もあるが、やはり中華料理は日本でも人気だ」と伝えた。

 記事は、日本人に人気の中華料理と言えば、回鍋肉(ホイコーロー)やチンジャオロース、エビチリ、麻婆茄子、麻婆豆腐、酢豚、坦坦面、チャーハン、天津飯、レバニラ炒め、中華飯、杏仁豆腐などを挙げられると紹介し、これらは日本人の誰もが知る「ポピュラーな中華料理」となっていると伝えた。

 だが、同じメニューであっても中国国内の料理とは「異なっている部分」も多々あると紹介し、日本の「エビチリ」は中国のものに比べて甘すぎると指摘したほか、また日本人も麻婆系の味を好むとしながらも「日本の麻婆豆腐は本場四川のものと比べると辛さが全然足りず、山椒の種類も違うため痺れる辛さもない」と強調した。また、「天津飯」に至っては中国には存在しないメニューだが、日本では「中華」として認識されていると指摘した。

 中国で近年は居酒屋を模した店が人気となっていて、日本料理を提供する飲食店が増加している。提供されている料理は和食だが、中国人の好みに味がアレンジされているものが多く、日本人からしたら不思議な料理も多い。日本に日本ならではの中華料理があるのも不思議なことではないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)