何だと・・・? 日本ではラーメンがチャーハンの具材になっていた=中国メディア

何だと・・・? 日本ではラーメンがチャーハンの具材になっていた=中国メディア

日本ではラーメンとチャーハンという炭水化物同士をセットにして食べられるのはごく一般的なことだが、中国人からすると「おかしい組み合わせ」と感じられるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人にとって餃子やラーメンは共に主食であり、日本のように餃子とライスをセットにしたり、ラーメンとチャーハンをセットにして食べることはまずない。

 日本ではラーメンとチャーハンという炭水化物同士をセットにして食べられるのはごく一般的なことだが、中国人からすると「おかしい組み合わせ」と感じられるようだ。中国メディアの新浪は12日、日本ではラーメンとチャーハンを組み合わせるどころか、「チャーハンの具材として、ラーメンを入れた料理が存在するらしい」と驚きとともに紹介する記事を掲載した。

 ラーメンもチャーハンも共に中華料理であり、中国人にとっては何ら目新しい料理ではないが、ラーメンがチャーハンの具材となった「ラーメンチャーハン」となると「到底あり得ない組み合せ」に感じられるようで、記事は「どんな味なのか想像もつかない」と率直な感想を伝えた。

 日本人にとっても意外な組み合わせであるが、「試した日本人ネットユーザーからは意外に美味しいとの反響が寄せられている」と紹介。そこで、ラーメンチャーハンを家で作れるレシピを紹介し、「日本人に好評の味がどんなものかを試してみるように」と勧めた。

 記事が紹介したのは簡単なレシピで、用意するのは「白飯、カップラーメン、卵、葱」と家にあるものばかりだ。特別な点は、「あらかじめカップラーメンを細かく砕き、麺が浸る程度の水を加えておくこと」、調理の際のコツは「加えた水分が飛ぶまで炒めること」と説明。写真を見る限り見た目は普通のチャーハンのようで美味しそうに見える。しかし、中国人の感覚は日本人とは少し異なるようで、「ラーメンとチャーハンという主食と主食を組み合わせる料理自体があり得ない」と主張し、試す前から抵抗を感じると訴えた。

 確かに、中国では日本人が「ラーメンと餃子をセットにすることや餃子をおかずにご飯を食べるのはあり得ない」と衝撃を受ける人が多い。ゆえに、今回のラーメンチャーハンについて簡単に作れるとしても、中国人からすると実際試そうとする人は少ないかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)