日本に感謝した中国外交部、今度は「必要があれば可能な限り日本を支援したい」

日本に感謝した中国外交部、今度は「必要があれば可能な限り日本を支援したい」

中国メディアは、先日新型コロナウイルス感染拡大に対する日本からの支援に対し感謝を示した中国外交部が、日本での感染例増加について「可能な限り支援する」意向を示したことを報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・解放網は17日、先日新型コロナウイルス感染拡大に対する日本からの支援に対し感謝を示した中国外交部が、日本での感染例増加について「可能な限り支援する」意向を示したことを報じた。

 記事は、17日に行われた中国外交部の記者会見で、記者が「近ごろ日本国内の多くの場所で新型ウイルスの感染例が増加しており、日本政府は感染が新たな段階に入ったとの認識を示した。日本はすでにパンデミックの初期段階に入ったとの見方もある。中国は日本とさらに協力を進めるのか、日本に支援を行う用意はあるのか」と質問したことを紹介した。

 そして、この質問に対して同部の耿爽報道官が「日本の感染状況を注視しており、わが事のように感じている。ウイルスに国境はなく。国際社会、特に隣国どうしで協力を強化し、手を携えて試練に立ち向かうのは当然だ」と語るとともに、日本の政府や社会がこれまでに中国に対して誠意ある支援を行ってきたことに改めて触れて感謝を示したうえで「自国の感染状況に抗う努力すると同時に、日本と情報、経験の共有をする」としたほか、日本が必要とすれば可能な限り支援を行う姿勢を見せたと伝えた。

 さらに、耿報道官が、両国間ではすでにウイルス感染拡大抑止に向けた協力に関する具体的な作業に着していることを明かしたうえで「日本とは引き続きコミュニケーションを取り、防疫における協力を強化して両国民の生命の安全と身体の健康を共に守っていきたい」と述べたとしている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)