中国人が日本の「味噌汁」に感心・・・これは「愛と文化の伝承」だ=中国メディア 

中国人が日本の「味噌汁」に感心・・・これは「愛と文化の伝承」だ=中国メディア 

中国メディアは、日本を代表する汁物料理である味噌汁について「愛と飲食文化の伝承だ」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は18日、日本を代表する汁物料理である味噌汁について「愛と飲食文化の伝承だ」とする記事を掲載した。

 記事は、日本人が米飯を食べる時には必ずと言っていいほど味噌汁が添えられると紹介。食事の中で決して主役を張る存在ではないが、その独特の風味によって白飯と抜群の相性を持っているとした。

 また、日本人の生活において、一日3食味噌汁を飲むことも決して珍しいことではなく、外食で米飯を食べる時にもほぼ間違いなく味噌汁が一緒に出てくると説明。「年配者を中心とする多くの日本人は、味噌汁さえあればお茶碗1杯のご飯を食べることができると思っているのだ」と伝えている。

 さらに、日本人にとって味噌汁は郷愁を感じさせる食べ物の1つであり、それは中国東北部の冬に欠かせない「酸菜」や、北京のジャージャー麺と同じような存在なのだとし、「飲み慣れた味の味噌汁をすすることで、ああ実家に戻ってきた、と感じる」と説明した。

 このほか、各家庭の味噌汁の味は母親から娘へと受け継がれるものであり、そこには濃厚な愛情が込められているとも紹介。「辛いこと、悲しいことがあっても、このかぐわしい味噌汁がその痛みを和らげてくれるのだ」とした。

 海外に長く滞在した日本人の多くが、帰国後に真っ先に食べたいものとして挙げる料理の1つが味噌汁である。熱々の味噌汁を一口すすり、喉を通した後に出すため息は、何者にも代えがたい至福の瞬間なのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)