日本に可能な限り支援を・・・中国政府、早速新型コロナウイルス検査キットを日本に寄贈=中国メディア 

日本に可能な限り支援を・・・中国政府、早速新型コロナウイルス検査キットを日本に寄贈=中国メディア 

中国メディアは、新型コロナウイルスの感染例が増加している日本に対して、中国政府が大量の核酸検査キットを緊急寄贈することを報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・環球網は20日、新型コロナウイルスの感染例が増加している日本に対して、中国政府が大量の核酸検査キットを緊急寄贈することを報じた。

 記事は、駐日中国大使館の報道官による記者との問答を紹介。「このほど、中国政府が日本に対して新型コロナウイルスの核酸検査薬を無償提供したとの情報があるが、詳細を紹介してほしい」との質問に対し、報道官が「近ごろ、日本国内では新型コロナウイルスの感染例が増え続けていることにわれわれも注目し、わが身の事のように感じている。日本でウイルスの核酸検査試薬が不足していると知り、直ちに日本に対して協力の意向を伝えるとともに行動をした」と回答したことを伝えている。

 また、報道官の話として、広東省深セン市のゲノム関連会社と公益財団を通じて、日本の国立伝染病研究所に対してまとまった数の検査キットを緊急寄贈することになったと紹介した。

 さらに、報道官が「ウイルスに国境はなく、国際社会が共に対処しなければならない。われわれは日本に対して力が及ぶ範囲で支援を続けるとともに、密接な意思疎通と協力を進め、手を携えてウイルスに打ち勝ち、両国民の健康上の安全と地域、世界の公衆衛生の安全を一緒に守っていきたい」と中国政府の姿勢を示したことを伝えた。

 中国外交部は先日の記者会見で、日本での感染拡大について「わが身の事のように感じている」としたうえで、これまでの日本からの支援に感謝を示すと同時に、日本に対して可能な限りの支援や協力をする用意があることを表明した。また「すでに両国間ではアクションを起こしている」とも述べており、今回報じられた検査キットの寄贈も動きの一つと言えそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)