日本の仏僧は「なんて幸福なんだ!」、飲酒も食肉も可能、しかも結婚まで=中国

日本の仏僧は「なんて幸福なんだ!」、飲酒も食肉も可能、しかも結婚まで=中国

中国メディアは、「日本の僧侶は飲酒も食肉も許され、結婚して子どもまで持つことができる」と伝え、日本の僧侶は「なんて幸福なんだ」と驚きを綴る記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国から日本へと伝来した仏教だが、中国人が日本の僧侶たちの生活を見ると中国とのあまりの違いに衝撃を受けるという。中国メディアの新浪は17日、「日本の僧侶は飲酒も食肉も許され、結婚して子どもまで持つことができる」と伝え、日本の僧侶は「なんて幸福なんだ」と驚きを綴る記事を掲載した。

 中国では「僧侶になるものは煩悩を断って仏門に入り、俗世間から離脱して出家するので、結婚して子どもを持ったり、飲酒したりすることからは一切離れた質素な生活を送る」とされている。ゆえに、中国人が日本の僧侶の生活を見ると大きな衝撃を受けるという。

 こうした日中の僧侶の違いについて、記事は「日本では仏教の僧侶は宗教性を持つ『職業』の1つとして認知され、その職は親から子へと受け継がれる場合が多い」と説明。ゆえに、日本では僧侶が結婚して子どもがいることは決して珍しいことではなく、さらに「一般の人びとと同じようにお酒を飲んだり、肉を食べることもタブーではないのだ」と紹介した。

 また、職業としての僧侶について「日本ではバブル崩壊後、不景気が続くなかでも収入は安定している」とし、特に日本の仏教は人の生死と大きく関わっており、墓地の経営やお布施などで「非常に高額な収入を得る僧侶もいる」ので、中国の僧侶の暮らしぶりとは大きく異なっているのだと主張した。ゆえに、日本人女性のなかには僧侶を結婚相手として見る人もいるほどだと伝えた。

 中国では僧侶になれば結婚は諦めなければならないので、日本の僧侶は結婚できるだけでなく結婚相手として女性に関心をもたれることは非常に衝撃的であったようで、「その生活ぶりはなんて幸福なんだ」と感想を述べている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)