中国のオンラインショッピングが日本の実店舗に勝てない3つの理由=中国メディア

中国のオンラインショッピングが日本の実店舗に勝てない3つの理由=中国メディア

中国でもタオバオなどのECサイトが人気だ。今やAlipayなどのスマホ決済と同様、中国人の生活に欠かせないものになっている。(イメージ写真提供:123RF)

 インターネットの急速な発展により、私たちの生活は大きく変化している。今では外出時にスマホを介してどこでも買い物することができる。中国でもタオバオなどのECサイトが人気だ。今やAlipayなどのスマホ決済と同様、中国人の生活に欠かせないものになっている。

 一方、日本にもアマゾンや楽天などのオンラインショッピングサービスはあるが、多くの日本人は買い物のために実店舗に行くことを好む。中国メディアは中国のECサイトと日本の実店舗のサービスとを比較し「中国のEコマースは日本の実店舗に勝てない」と述べている。いったいそれはなぜなのか。中国メディア阿成談科技が三つの理由を挙げている。

 理由の一つは日本の実店舗のサービス。日本には「おもてなし」や「お客は神様」という考えがあり、来客したすべての人たちが満足できるサービスを徹底している。消費者側としては「サービスを受けるためにお金を使いたい」と考えているようだ。

 さらに、日本のショッピングモールの設計が全体にすぐれている点もある。日本の多くのショッピングモールでは、店舗設計から製品開発まで、店舗を包括的に管理し対応している。客は来店時から効率よく店内を回り、時間を節約できる。また店内には体験型のサービスなどもあるため、製品の購入を検討している場合には実際に店頭で使用してから購入するかを決めることもできる。

 最後に日本の実店舗の家賃が中国より安いことと述べている。中国の大都市では地価の高騰に伴い、店舗の家賃も高くなっている。実店舗を持つことでかかるコストは毎年上昇している。たしかに日本の土地の値段は安定しており、多くの店舗ではすでに長年同じ場所で経営していたり、営業しているのでコスト管理が行き届いている。長い間同じ場所で営業しているためリピーターも多く、この点で実店舗での営業がしやすいという点も挙げられる。

 オンラインショッピングが便利なのはもちろんだが、実店舗にはオンラインにはない魅力があるのはたしか。便利なオンラインとサービスの行き届いた実店舗、必要に応じてどちらも楽しめるなら生活はより豊かになるに違いない。(編集担当:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)