フィジカルが強い韓国、サポート体制が強い日本、そして目先の利益から今なお脱却できない中国サッカー=中国メディア 

フィジカルが強い韓国、サポート体制が強い日本、そして目先の利益から今なお脱却できない中国サッカー=中国メディア 

中国メディアは「日本のサッカー選手には秩序があり、韓国の選手には強いフィジカルがあるが、中国のサッカーには何があるのか」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は24日、「日本のサッカー選手には秩序があり、韓国の選手には強いフィジカルがあるが、中国のサッカーには何があるのか」とする記事を掲載した。

 記事はまず、韓国サッカー最大の特徴として、日本や中国よりも強いフィジカルを持っていることを紹介。韓国は人口わずか数千万人にもかかわらず、体力や爆発力で中国選手を凌駕する「フィジカルモンスター」を常に何人も発掘しているとし、中国代表が韓国を苦手とする大きな要因は、フィジカル面の充実を軽視していることにあるのだと論じた。

 次に、日本については選手のコンディションをサポートする体制、制度が充実していると説明。日本の選手も中国選手同様にフィジカル面で世界よりも劣るという問題点を抱えているものの、合宿などのトレーニングでは栄養士が決めたメニューの食事をとることにより、コンディションを最高の状態に保つことができるとした。また、オフの時でも家族が選手の体のことを考えた食事を作る習慣があると伝えている。

 そして最後に、中国について言及し「目先の功利を急ぐという問題が中国の足を引っ張ってすでに久しいが、いまだに何も変わっていない」と厳しい評価を下した。また、体制、戦術、リーグ戦の在り方以前に「まず、サッカーをやる人がいなければ始まらない」とし、学歴至上主義の中で天賦の才能を持った若い選手が家庭の方針などによりサッカー界からどんどん消えていってしまう状況を改善しなければいつまでたっても中国サッカーは発展しないとの見方を示した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)