中国人の誤解「山手線で新型コロナに感染!?」、ネットにデマ流出=中国メディア

【新型肺炎】山手線に乗車した中国人の勘違いから、山手線で感染者が出たとのデマ拡散

記事まとめ

  • 山手線ではホームの電光掲示板で新型コロナウィルスへの注意喚起をしている
  • しかし、それを見た中国人が、自分が乗車していた山手線で感染が発生したと誤解した
  • その中国人が中国の友人に情報を送信し、中国のSNSでデマが拡散されるまでに至った

中国人の誤解「山手線で新型コロナに感染!?」、ネットにデマ流出=中国メディア

中国人の誤解「山手線で新型コロナに感染!?」、ネットにデマ流出=中国メディア

中国人がJR山手線に乗車した際、ホームの電光掲示板に表示されていた内容を勘違いし、ネット上で誤った情報が拡散されたことに関する記事を中国メディアが報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 新型コロナが猛威をふるうなか、街中で感染が広がる「市中感染」を恐れて多くの人がマスクを装着するなど、一人ひとりが出来る限りの対策をとっている。そんななか、中国人がJR山手線に乗車した際、ホームの電光掲示板に表示されていた内容を勘違いし、ネット上で誤った情報が拡散されたことに関する記事を、24日、中国メディア網易が報じた。

 日本でも新型コロナ感染者が急増し、特に人の密集している東京では感染の急拡大が恐れられているが、中でも山手線は通勤で使われるため毎日かなりの人が利用する。記事によると、中国人がホームの電光掲示板に「【お願い】現在、新型コロナウィルス感染症が確認されています。・・・」とテロップで流れたのを見て、今まさに自分が乗車していた山手線で感染が発生したと誤解してしまった。

 その誤解した人物が、中国の友人に日本語のテロップ動画を送信すると、友人から友人へと転送されたのち、中国のSNSで「いま現在、山手線で新型コロナの感染者が出た」という誤った内容が拡散されるまでに至った。

 そもそも、JR側としては日本国内でも新型コロナの感染者が出ているため、咳やくしゃみをする際にはマスクを着用すること、またはティッシュなどで口・鼻をおさえるよう乗客への協力をお願いしているところだ。また、JRだけでなく他の路線でも感染の拡大阻止のため、注意喚起として呼びかけている。今回の騒動は、1人が誤解し、本人の意図しないままネット上に誤解が拡散されてしまったのだ。

 このようなテロップは、日本語を学んでいる最中の外国人にとっては、難しかったかもしれない。確信の持てない情報は拡散させないこと、正しい情報を把握することが大切だ。(編集担当:三宅真)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)