日本の住宅のトイレって設計ミスじゃないのか? 「とんでもない!むしろ参考にすべき」=中国

日本の住宅のトイレって設計ミスじゃないのか? 「とんでもない!むしろ参考にすべき」=中国

中国メディアは、日本と中国の家の「トイレ周り」を比較する記事を掲載し、「日本のトイレは便器と手洗い場しか設置されていないが、非常に機能的な設計となっている」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 生活している国や地域、また気候や環境が異なれば生活習慣や住宅設計は異なってくるものだ。日本と中国は海を隔てて隣接している国であるものの、その住宅設計には大きな違いが存在する。

 中国メディアの今日頭条は26日、日本と中国の家の「トイレ周り」を比較する記事を掲載し、「日本のトイレは便器と手洗い場しか設置されていないが、非常に機能的な設計となっている」と伝えた。

 記事はまず、中国では「日本の住宅設計は収納力が高くて、優れている」と噂されていると紹介。だが、日本の家にあるトイレは一般的に非常に狭く、2平米にも満たないスペースに便器と手洗い場が設置されていて、しかも中国と違って家に1カ所しか設置されていないことが多く、中国人からすると「設計ミスではないかと感じる」と伝えた。

 しかし、日本の住宅は中国と違って「トイレと浴室は別に設置されている」と強調し、たとえトイレのスペースが狭かったとしても日常のニーズを満たすことができるよう設計されていると指摘。また、トイレを無駄に広くしないことで、住宅全体のスペースを有効活用できるのだと指摘したほか、日本の家のトイレには手洗い場のほかに予備のトイレットペーパーなどを収納できるスペースまで設けられていて、「非常に機能的な設計だ」と強調。「設計ミスどころか、中国が参考にすべき設計だ」と論じた。

 中国の住宅ではトイレとシャワースペース、洗面所が1つの空間に設置されていることが多く、同時に使用することはできない。そのため、トイレを家に2カ所設置する家が多く、それによって居住空間が狭くなってしまうことが多いようだ。日本と中国は隣り合っている国ではあるものの、トイレ周りの設計には大きな違いが存在しているのだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)