なんとシャープがマスクを生産へ、中国ネット「大事な時に頼りになるのはやはり老舗」

なんとシャープがマスクを生産へ、中国ネット「大事な時に頼りになるのはやはり老舗」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いマスクが不足している日本で、通常はマスクを生産していない大手電機メーカー・シャープがマスクの生産に乗り出すことを明らかにした。中国での反応は・・・(イメージ写真提供:123RF)

 中国の動画アプリ・梨視頻の微博アカウントは2日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴いマスクが不足している日本で、通常はマスクを生産していない大手電機メーカー・シャープがマスクの生産に乗り出すことを明らかにしたと報じた。

 記事は、日本メディアの報道として、日本各地で深刻なマスク不足に見舞われる中、シャープが液晶パネル生産に用いていたクリーンルームにマスクの生産ラインを設け、3月中にマスクの生産を開始することが分かったと紹介。「日本において、衛生用品業界以外の企業がマスクを生産するのは初めてであり、生産ラインを10本稼働させて1日当たり50万枚を生産する見込みだ」と伝えている。

 日本政府は先月、不足するマスクについて週1億枚以上の供給を確保するとの見通しを示した。そして菅義偉官房長官は3日、マスクの生産枚数が今月中に月産6億枚超の規模に到達すると述べた。しかし、各地の店舗では依然としてマスクの在庫切れが続いており、入荷未定となっているのが現状だ。シャープによるマスクの生産は、規模を考えれば市販される可能性は低そうだが、日本国内でマスクが非常に手に入りにくい状況を表す象徴的なトピックと言えそうだ。

 中国のネットユーザーは「さすがシャープ。反応が早い」、「今やマスクが各家庭の必需品になったな」、「日産50万枚しか生産しないのか」、「重要な時に頼りになるのはやはり老舗メーカーか」、「もしやシャープは新たな活路を見出したのか」、「ソニーやトヨタ、ホンダも追随しないだろうか」といったコメントを残している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)