日本の公共バスは利用者に親切すぎる! すっかり惚れ込んでしまった理由=中国メディア

日本の公共バスは利用者に親切すぎる! すっかり惚れ込んでしまった理由=中国メディア

中国メディアは、日本のバスに見られる細かな配慮に感動させられたと紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本には細部にわたって利用者のことを考えた工夫が見られるため、日本に来て感動したという中国人旅行者は多い。中国メディアの今日頭条は4日、日本のバスに見られる細かな配慮に感動させられたと紹介する記事を掲載した。

 旅行先では、個人旅行であれば公共の交通機関を自分で調べて乗ることになるが、記事の中国人筆者は、日本で様々な交通機関を利用して「一番印象に残ったのはバス」だったと紹介。日本のバスは、細かなところにまで気を抜かず、4つの点で「中国のバスとは全く違っていて、利用者に親切すぎる」と感心している。

 その1つは「降車しやすい」こと。降車時にバスの片側が下がるので降車しやすくなっており、高齢者に優しいと感心している。日本の路線バスには、超低床バスやノンステップバスなどが採用され、高齢者や車いす利用者のことを考えて、乗り降りのしやすさが重視されている。筆者は、高さがあり降りるのが「肝試しゲーム」になっている中国のバスとは大違いだとしている。

 2つ目は「各座席の隣に降車ボタンがあること」で、座ったままボタンが押せて安全だと紹介している。中国ではボタンが降車用ドアにしかないバスがほとんどで、降車を知らせるために「揺れているバスの中、ゆっくり一歩ずつ前進しないといけない」と中国のバスがいかに危険かを強調した。そのうえ、日本のバスではボタンを押すと光り音も鳴るので、聾唖者や高齢者にも優しいと親切な設計を称賛している。

 さらに、3つ目には「時間に正確」だと紹介。遅れたとしても1ー2分ほどで、少し早く着いた場合は時刻表通りの時間まで発車しないほどの正確さに、「尊敬してしまう」と驚いている。最後の4つ目は「親切さ」だ。運転手はいつもきちんとした身なりをしていて礼儀正しく、次のバス停をアナウンスしてくれ、困っている乗客には優しく教えてくれると称賛。運転手の素質が違うだけで、利用した時の気分が全然違うと感心した。

 筆者は、日本のバスにすっかり惚れ込んでしまったようだ。「中国に帰ったら、日本のバスと全然違って、なんだか慣れない」とさえ述べている。確かに、中国のバスには「細部にわたる配慮」がほぼ見られないと言って良いだろう。中国からの旅行者には、ぜひとも日本のバスのレベルの高さを体験してもらいたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)