これが日本の鉄道文化なのか・・・駅も車内も秩序があって清潔=中国報道

これが日本の鉄道文化なのか・・・駅も車内も秩序があって清潔=中国報道

中国メディアは、日本の「鉄道路線網」について紹介する記事を掲載し、鉄道網の広がりは「まさに縦横無尽」であると伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 日本は中国に比べて公共交通機関が発達しており、中国人からすると「電車や地下鉄の発達ぶりは驚くべき水準」なのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の「鉄道路線網」について紹介する記事を掲載し、鉄道網の広がりは「まさに縦横無尽」であると伝えた。

 記事は、中国でも高速鉄道網が拡大を続けており、中国人の移動は極めて便利になったと指摘する一方で、日本では電車や地下鉄が発展していて、非常に便利だと指摘。特に電車は極めて複雑な路線のもとで各都市を結んでいると指摘し、乗り換えを繰り返せばどこにでも行けることから、近年は多くの中国人旅行客が電車で移動していたほどだと紹介した。

 続けて、日本の電車の駅は中国の高速鉄道の駅と似ているとしながらも、「日本の駅構内は人が多くても秩序があって、しかも清潔だ」と紹介。日本の電車網の多くは20世紀に構築されたものであるため、ずいぶんと年季が入った駅も少なくないが、「それでも荒れ果てた感じはない」と指摘した。

 さらに、日本では中国のようにフルスクリーン型ホームドアが設置されている駅や路線は非常に少なく、中国人からすると「危険なのではないか」と思ってしまうようだが、「駅のホームで電車を待つ日本人は誰もが自発的に列に並ぶことができ、安全確保のために設置された線を超えて待つような人はいない」と強調。日本の駅構内の秩序は極めて良好であるため、日本を訪れた外国人旅行客は自然とその秩序に溶け込むことができると主張した。

 また記事は、大都市圏を除けば日本では電車内が大混雑することはほとんどなく、座席に座ることもできるが、「日本人の乗客は非常に礼儀正しく、健康な人が優先席を占拠するようなことはあまり見られない」と指摘し、高い秩序のもと快適に移動することができるからこそ、近年は中国人旅行客も電車や地下鉄で移動するようになったのだろうと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×