何が秘訣なんだ! なぜ日系車は世界で売れて、そして中国でも売れるのか=中国報道

何が秘訣なんだ! なぜ日系車は世界で売れて、そして中国でも売れるのか=中国報道

中国メディアは、日本車は中国国内はもちろん、世界中で「売れに売れている」と論じる記事を掲載し、「消費者の考え方や国情は市場によってそれぞれ異なるのに、なぜ日本車は世界で売れるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 国によって人気のある車のタイプは大きく異なっている。たとえば日本では軽自動車をはじめとする小型車が人気であり、東南アジアではピックアップトラックが人気だ。そして、中国ではセダンやSUVが人気となっている。

 また、消費者が車に求めるものについても国によってそれぞれ違っているはずだが、日本車はなぜ各市場で支持を集めることができるのだろうか。中国メディアの今日頭条は12日、日本車は中国国内はもちろん、世界中で「売れに売れている」と論じる記事を掲載し、「消費者の考え方や国情は市場によってそれぞれ異なるのに、なぜ日本車は世界で売れるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、トヨタ・カローラやホンダ・シビックのように「世界で売れている車」は中国国内でも人気が高く、販売台数が安定して多い状況となっていると指摘。逆に英国車や米国車のなかには中国人消費者の好みや国情に「まったく合わせられず、世界で売れていても、中国では全く売れない」車も存在するのは事実だと論じた。

 続けて、日系車は中国市場において「新車販売台数が多いだけでなく、中古市場においても値崩れしない」と指摘し、この事実は日系車が中国人消費者の間で高い人気を得ている証拠であると強調。そして世界で支持されている日系車が中国でも売れるのは「日系車メーカーが中国人の消費習慣を研究した成果」という点のみならず、「安定した技術と高い品質」という確固たる基礎が評価されているからではないかと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×