中国人の多くが驚く日本人の「細部へのこだわり」とは=中国報道

中国人の多くが驚く日本人の「細部へのこだわり」とは=中国報道

中国メディアは、日本には「感動的とも言うべき細部へのこだわり」があらゆる場所に存在すると論じる記事を掲載し、中国人の多くが驚く日本人の「細部へのこだわり」を紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国語には「馬馬虎虎(マーマーフーフー)」、「差不多(チャアブドゥオ)」という単語があり、これはどちらも「まあまあ、だいたい」といった意味合いで使われる。

 そして、この言葉を口癖のように使う中国人は非常に多く、これは物事の正確性にはあまりこだわらない大陸気質の人が多いことを示していると言えるだろう。そんな中国人からすると「日本人は何事も細かいところまでこだわる国民性」に映るという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本には「感動的とも言うべき細部へのこだわり」があらゆる場所に存在すると論じる記事を掲載し、中国人の多くが驚く日本人の「細部へのこだわり」を紹介した。

 記事がまず紹介したのは街中にある「自動販売機」に住所が記載されていることだ。「多くの中国人は日本ではあらゆる場所に自販機があることは知っているが、自販機の機体に住所が記載されている理由はほとんど知られていない」と伝え、これは天災や事件が起きた際に自販機に書かれていることで、スムーズな救助が可能になるからだと論じた。

 さらに、日本の高速道路にある交通標識は「小さな穴」がたくさん空いていると紹介し、これは逆光でもドライバーが標識を見えるようにするための工夫だと強調。また、中国では雨傘といえば「折りたたみの傘」が一般的で、日本のように透明のビニール傘はほとんど見られないが、「日本人が使うビニール傘は透明であるため、傘を差しながら歩いても前方の視認が可能であり、これによって他人とぶつかることを避けることができるのだ」と論じた。

 また、日本では中国と違って水道水をそのまま飲むことができること、公衆トイレでもトイレットペーパーが設置されているので、利用者は自分で紙を持ち込む必要がないこと、スーパーで売られている商品のなかには目の不自由な人向けに点字で商品を区別できるようになっているものがあることなどを紹介し、「こうした細部への配慮は日本人ならでは」のものではないかと舌を巻いた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)