日本人は日本車を、韓国人は韓国車を支持しているのに! 「同じことができない中国人」=中国

日本人は日本車を、韓国人は韓国車を支持しているのに! 「同じことができない中国人」=中国

中国メディアは、日本や韓国では「国産車」が圧倒的な支持を集めているのに「中国では国産車が敬遠されがち」であることを紹介し、この現状は中国人としては「もどかしく、残念でならない」と論じた。(イメージ写真提供:123RF)

 日本では食品や自動車など、さまざまな分野において「国産品」のほうが「輸入品」よりも値段が高く、また品質も国産品のほうが高いと見なされることが多い。中国は日本と真逆であり、「輸入品こそ高品質」だと認識し、国産品は「低品質で信用できない」と考える中国人消費者が圧倒的多数となっている。

 中国メディアの百家号は20日、日本や韓国では「国産車」が圧倒的な支持を集めているのに「中国では国産車が敬遠されがち」であることを紹介し、この現状は中国人としては「もどかしく、残念でならない」と論じた。

 記事は、世界最大の自動車市場である中国では、各国のメーカーがシェアをめぐって激しい競争を展開していると紹介する一方、中国人消費者の多くは外資ブランドを支持する傾向にあり、中国メーカーは競争で劣勢に追い込まれているのが現状だと指摘した。

 一方、日本や韓国ではそれぞれの国のメーカーが作る「国産車」が支持されており、実際に街中で見かけるのは国産車ばかりだと強調、「日韓と違って中国で国産車が支持されない理由は一体何なのだろうか」と疑問を提起した。

 この理由の1つとして記事は、「日本や韓国のメーカーが自動車関連の独自技術を持つのに対し、中国メーカーはほとんど持っていない」と強調。中国メーカーは海外メーカーとの合弁に依存してきたことで技術力が欠けており、競合他社に勝る車を作れないのではないかと論じた。

 また別の理由として、日本や韓国のメーカーは、「ユーザーのニーズに合わせた車の開発を行っている」と紹介。たとえば国土が狭く天然資源の少ない日本では、車体が小さくて低燃費の車が開発され、多くの人から支持されていると強調する一方で、中国メーカーは「中国人のニーズと上手に取り込めていないため、支持が集まらないのではないか」と考察した。

 記事は、「中国人は決して国産車を支持したくないわけではない」と指摘し、デザインが良く、故障しにくい車を中国メーカーが販売してくれれば「中国人消費者は喜んで購入するだろう」と主張。中国で国産車が敬遠されがちなのは、中国車の品質が「日系車やドイツ車ほどに達していないから」という点に尽きると論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×