今や日本料理と見なされるラーメン、味のレパートリーはとても豊富に=中国報道

今や日本料理と見なされるラーメン、味のレパートリーはとても豊富に=中国報道

中国メディアは、「中国人が日本で必ず食すべきラーメンは何味か」と問いかけ、日本のラーメンを紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国から伝わり日本で独自の進化を遂げたラーメンは、今や世界から日本料理の1つとして認知されるまでになった。日本のラーメンには多種多様な味が存在するが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人が日本で必ず食すべきラーメンは何味か」と問いかけ、日本のラーメンを紹介する記事を掲載した。

 中国でも日本料理を扱う店が増加しており、記事は「寿司や天ぷらに並んで、ラーメンも日本料理として扱われるようになった」と指摘。また、日本を訪れる外国人観光客に対して行われたアンケートでも、「日本料理のなかで一番美味しい料理は」という問いに対して、ラーメンが1位に選ばれるほど「日本式ラーメンは人びとの舌を魅了している」と論じた。

 そこで、日本のラーメンの代表的な味には「味噌、醤油、塩、豚骨」という4種類があると紹介。まず豚骨ラーメンについて「海外に出店している日式ラーメン店の多くが豚骨であるところを見ると、豚骨ラーメンが一番人気と思われがち」だと指摘し、確かに、「濃厚な豚骨スープを唯一無二の味」として絶賛する中国人は多いが、その一方で「最も嫌いなラーメンは」という問いに豚骨を挙げる人もいると指摘。「独特の匂いや濃い味、脂っこさ」を苦手とする意見も寄せられ、評価は両極端に分かれるとした。

 続けて、醤油ラーメンは日本における最もスタンダードな味と認識されており、「濃いめの醤油味とチャーシューの組み合わせがたまらない」という意見が多いと紹介。さらに味噌ラーメンや塩ラーメンは「すべてのラーメンファンが支持する味ではないにしても、一部のファンたちが極めて強く支持する味」だと紹介した。

 中国で日本のラーメンは「日式ラーメン」と呼ばれており、中国のラーメンに比べて味のレパートリーは無数と言えるほどに豊富だ。以前は日本でラーメンを食べ歩くためだけに訪日する中国人もいたほどであり、新型コロナウイルスが終息したら、好みのラーメンを求めて訪日する中国人が再び増えることを期待したいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×