日本っていったいどんな国? 10個の言葉で表現すると・・・=中国メディア

日本っていったいどんな国? 10個の言葉で表現すると・・・=中国メディア

日本のイメージと聞くと清潔、まじめといった答えが返ってくる。他にはどんなイメージがあるのだろうか。中国メディアが10個の言葉で日本を紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

 日本のイメージと聞くと清潔、まじめといった答えが返ってくる。他にはどんなイメージがあるのだろうか。中国メディア日本二三事が10個の言葉で日本を紹介している。

 まず、日本人は「仕事中毒」。日本人は責任感が強く、昼夜を問わず仕事に没頭している。過労死も社会問題のひとつだ。

 二つ目は「がんばれ」。運動会だけでなく、アルバイトや仕事場でよく聞く言葉だ。日本人は何事にも頑張っている。

 三つ目は「新旧混交」。日本はトレンドと伝統が共存している。日本の町並みだけでなく、オフィスでも垣間見ることがある。例えば、世界的にはペーパーレスが推進されているが日本ではいまだにファックスが使用されている。新しいものと古いものが同時に存在する国、それが日本だ。

 四つ目は「女性差別」。日本は世界的に見て女性が管理職に就く比率は他国に比べまだまだ少ない。

 五つ目は「規則」。日本には何事にもルールがある。成文化されたルールもあれば、書かれていない、つまり暗黙のルールも数多く存在する。

 六つ目は「清潔さ」。自分の家だけでなく、公共のトイレでさえ常に清潔に保たれている。なぜなら日本人はトイレの清潔さが心の状態を反映していると考えているからだ。

 七つ目は「心が読めない」。「日本人が何を考えているのか、よくわからない」という言葉をよく聞く。同時に日本人が重視する「空気」もなかなか読みにくい。

 八つ目は「安全」。高齢者や子どもたちが自由に外出できる国、日本はとても安全だ。

 九つ目は「人生観が変わる」。日本に来た外国人は見識が広がったり、思想が変化したと気づくそうだ。今まで当たり前と思っていたことが、日本に人生観が大きく変化した中国人も多い。

 最後に「非日常」。日常の中にコスプレやメイド喫茶など非日常の世界が存在する。アニメやゲームといったサブカルチャーが街のいたるところに存在しているのが、日本のイメージなのだそうだ。

 こうした10項目を見ていると、全てとはいいがたいが当てはまる点もある。外国人から見ると、どこかつかみどころがなくて、エキゾチックで勤勉な国、それが日本なのかもしれない。編集担当:時田瑞樹(イメージ写真提供:123RF)