日本の食品サンプルには妥協が存在しない! そのリアルさは「敬服に値する」=中国報道

日本の食品サンプルには妥協が存在しない! そのリアルさは「敬服に値する」=中国報道

中国メディアは、日本独特の文化である「食品サンプル」は本物の料理よりもリアルであると絶賛し、食品サンプルは本物そっくりの「偽造品」であっても「訴えられるどころか、あまりの精巧さに称賛されている」と伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディアの今日頭条は9日、日本独特の文化である「食品サンプル」は本物の料理よりもリアルであると絶賛し、食品サンプルは本物そっくりの「偽造品」であっても「訴えられるどころか、あまりの精巧さに称賛されている」と伝える記事を掲載した。

 記事は、中国人旅行客であれば日本のレストランのショーウインドーを見て「涎が出た」という経験をしているはずだとし、ショーウインドーに陳列された食品サンプルを見ると、友人たちと一緒にそれぞれ一品ずつ注文してすべての料理を味わいたいという衝動に駆られると説明した。

 中国の飲食店では文字が印刷されたメニューしかない場合が多いが、記事はサザエの丸焼き、まぐろ漬け丼、親子丼、チャーシューメン、アイスコーヒーやその他数多くの食品サンプルが陳列されたショーウインドーの写真を掲載し、日本のレストランで見ることのできる食品サンプルはまさに「実物のメニュー」であると表現した。

 続けて、日本の食品サンプルは「あまりにもリアル」であるため、食品サンプルを見たことのない中国人の子供は「ショーウインドーに陳列された食品は食べられるのか、ずっと並べておいて腐ってしまわないのか、本物の食品にロウを塗れば食品サンプルが出来上がるのか」などの疑問を抱くほどだと紹介した。

 また、日本の食品サンプル制作に従事する職人たちは、料理が持つ「美味しさ」を表現するという最も難しい技術をも有しており、さらに料理の「出来立て感」を表現することを大切にしていると指摘。従って、「イメージはあくまでも参考」という妥協が日本の食品サンプルには存在しないとし、そのリアルさは「敬服に値する」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×