日本のラーメンはもはや「別物」、だが「中華料理の影響はまだ残ってる」=中国

日本のラーメンはもはや「別物」、だが「中華料理の影響はまだ残ってる」=中国

中国メディアは、ラーメンについて「日本のラーメンには中華料理の影響がまだ色濃く残っている」と主張する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 国民食として多くの日本人に愛されているラーメン。日本国内のラーメン店は3万軒を超えるともいわれている。中国メディアの今日頭条はこのほど、ラーメンについて「日本のラーメンには中華料理の影響がまだ色濃く残っている」と主張する記事を掲載した。

 記事はまず、日本のラーメンは中国から伝わって独自の進化を遂げたと紹介。スープも日本人好みに変わり、トッピングも中国とは違い、麺も改良を重ねて今の形になったと紹介し、その変化のほどを伝えた。今では、もはや中国本場のラーメンとは別の麺料理と言っても良いほどの変化を遂げている。

 記事によると、伝統的な中国のラーメンは山東省発祥だが、その後に中国各地へと広まったという。日本へは横浜中華街に来た広東出身者と福建出身者から広まったという。中国の南方出身者はさっぱりとした塩味が好きなため、日本の最初のラーメンは塩味がベースで、豚や牛の骨からスープを取ったと紹介した。

 その後、醤油好きの日本人の好みに合わせて醤油味に改良され、そこからさらに北海道や東京、九州など各地で違った味が広まるようになったと記事は紹介。いまや醤油、塩、味噌、豚骨が代表的なラーメンの味となっている。記事は、「海外ではラーメンというと日本由来と勘違いされてしまう」とこぼしているが、海外に広まっているラーメンは日本人が改良した味なので、それも仕方がないだろう。

 では、日本のラーメンには「中華料理の影はもうなくなった」のだろうか。記事は、ラーメンに限らず日本の料理には中華料理の面影が残っていると主張している。ラーメンの元となる部分は中国由来であり、「寿司」も中国由来だという説を紹介。精進料理も醤油も中国が発祥地であり、単調な料理だった和食が、中華料理の調理法や調味料を取り入れて生まれ変わった、と中華料理がいかに貢献したかを力説している。

 日本が料理も含めて多くを中国から学んだのは事実だが、日本人は常に改良を重ねるのが得意な国民と言えるだろう。ラーメン1つとっても、中国から入ってきてから常に変化を続けており、これからも変化していくに違いない。中国も何事も常に学び改良を重ねていくという点で日本から学べることは多いのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×