日本と英国はどちらも「資源のない島国」なのに、如何にして先進国になったのか=中国

日本と英国はどちらも「資源のない島国」なのに、如何にして先進国になったのか=中国

「小さな島国」という共通点のある日本と英国が先進国になれたのはなぜだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、その理由について分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本は先進国になって久しく、名目GDPでは世界第3位の位置を占めている。英国も同じ「島国」ながら、2018年の名目GDPでは世界第5位に入っていた。それにしても、「小さな島国」という共通点のあるこの2カ国が先進国になれたのはなぜだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、その理由について分析する記事を掲載した。

 記事はまず、この2カ国には共通点が多いと紹介。裕福な資本主義国で、両国とも一人当たりのGDPは高いが国土面積は小さく、人口密度が高くて資源も少ないなどの共通点を挙げている。

 どちらも、「世界で最も発展している先進国」になるうえで有利な条件は少ないようだが、なぜここまで発展できたのだろうか。記事は「理由は工業革命にある」と指摘している。農業に頼っていた時はどちらも先進国ではなかったからだという。

 工業革命を進められたのには、3つの理由が考えられると記事は分析。その1つは「地理的に有利だった」こと。英国は立地条件の良さで貿易の中心地になることができ、多くの財を成したので工業革命の基礎ができたと分析。日本はそんな大英帝国から最も遠い場所に位置していたことが幸いしたという。

 また、どちらも「資源のない島国」なので自然と「貿易」に力を入れ、輸入した材料で工業製品を輸出するようになり、工業革命が進んだと紹介。そして最後に「教育」に力を入れたことを称賛している。世界最古の大学があることからも分かるように、英国は教育に力を入れたために優秀な人材が育ち、多くの発明が生まれ、ノーベル賞などの世界的な賞も多く受賞していると記事は紹介。日本も同様に義務教育を導入し、先進国にどんどん留学生を送り込み、科学技術への投資を惜しまなかったと指摘した。

 「資源の少ない小さな島国」であることは、確かに先進国になるのに障害になるはずだが、記事は結論として教育の重要性を強調して結んだ。確かに日本は昔から教育を重視しており、近代化が始まる前から寺子屋などのおかげで識字率も高く、発展のための良い基礎があったと言えるだろう。これからも日本には教育を重視する国であってもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×