精巧な印象を受ける日本の食文化・・・日本人が持つ「繊細な感覚やこだわり」=中国

精巧な印象を受ける日本の食文化・・・日本人が持つ「繊細な感覚やこだわり」=中国

中国メディアは、「日本の食文化から精巧な印象を受ける」と伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日中の文化の違いから、中国人が日本文化に触れると「新鮮に感じる」ことが多いという。中国メディアの百家号は11日、「日本の食文化から精巧な印象を受ける」と伝える記事を掲載した。

 もともと中国人は「食」に対して強い好奇心を抱く人や、強いこだわりを持つ人が多く存在するが、日本人が食に対して抱く好奇心やこだわりとは「異なる種類」なのだという。記事は「日本の食文化には、日本人が持つ美しく繊細な感覚が反映されている」と指摘し、たとえば日本の飲食店の店内は「必ず清潔で整っている」とし、これは日本の飲食業界では基本的なサービスの1つとされていると説明した。

 さらに、日本では料理を提供する側は、「料理の味」だけでなく、「量や温度、見た目、食事を楽しむ環境」まで、あらゆる要素を考慮し、客を満足させるための準備に手間を惜しまないと指摘。

 このような店側のこだわりとサービスは、「差別化を図り、競争を勝ち抜くための要素」であると同時に、日本人が食に対して味以外も重視する「繊細な感覚やこだわりを持っている」ことを表していると論じた。

 中国の飲食店も様々だが、重視されているのはあくまでも「味」と「価格」であり、接客態度や清潔さなどが疎かになっている店は少なくない。だが、消費者も「味」と「価格」を重視するので、美味しくて安いのであれば、店内が汚くて接客態度が悪くても人気店となる傾向がある。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×