中国では味わえない上質なもてなし・・・日本にはこんなに歴史ある宿泊施設がある=中国報道

中国では味わえない上質なもてなし・・・日本にはこんなに歴史ある宿泊施設がある=中国報道

中国メディアは、日本には伝統を大切にした歴史あるホテルがあることを伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 経済成長を優先してきた中国は急激な勢いで現代化が進んできたが、その背後では伝統的な文化や習慣の多くが失われたとも言われる。中国メディアの百家号はこのほど、日本には伝統を大切にした歴史あるホテルがあることを伝える記事を掲載した。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、中国人を含めた外国人旅行客が日本を訪れることは難しい状況にあるが、それだけに日本を訪れたことのある中国人観光客は「日本の歴史ある宿泊施設で体験した、中国では味わえない伝統文化や上質なもてなし」を懐かしむ気持ちが強くなっているようだ。

 記事は、関西の迎賓館とも呼ばれる奈良ホテルを紹介している。同ホテルは創業100年を優に超える老舗ホテルであり、国賓や皇族が宿泊する施設として設立され、本館は今も創業当時の姿を保っている。

 どの国の観光客であっても日本の歴史のある特別な建物に宿泊できたわけだが、記事は「本館は日本の伝統的な建築スタイルと古都奈良の趣が忠実に保存されている」と驚きを示しているが、記事が掲載した写真を見れば、その趣ある建築物に中国人が驚くのも無理はないだろう。

 中国では高層ビルが建設される一方で、昔ながらの建築物はどんどん取り壊されている。たとえば北京にあった胡同(フートン)と呼ばれる昔ながらの住宅はずいぶん取り壊されたと言われている。それだけに日本では伝統を守りつつ、昔と変わらぬ姿勢で宿泊客を迎えている老舗ホテルがあることは中国人にとってはとても新鮮なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×