日本の「卵焼き」、単に卵を焼いただけのものではなかった!=中国メディア 

日本の「卵焼き」、単に卵を焼いただけのものではなかった!=中国メディア 

中国メディアは、日本の大衆的な食べ物である卵焼きが「単に卵を割って焼いたものではない」ことを紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は23日、日本の大衆的な食べ物である卵焼きが「単に卵を割って焼いたものではない」ことを紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本には様々なおいしい食べ物があり、なかでも多くの日本人が愛してやまない食べ物の1つが卵焼きであると紹介。卵を使った料理で食べやすいこと、そして、大衆的な価格であることから広く愛されているとした。

 そのうえで、日本の卵焼きを見た中国人の多くは「四角いオムレツのようなものではないか」と考えるが、それは誤解であると説明。卵を使った料理ということで似てはいるものの、些か異なる点があるのだと伝えている。

 そして、卵焼きを作る工程の写真を掲載するとともに「単に卵を焼いただけのものではなく、精巧に作られた美しい食べ物なのだ」とし、単に四角いフライパンに卵液を一度に流し込んで焼くだけではきれいでおいしい卵焼きが作れず、卵液を3回程度に分けて流し込み、少しずつ形を整えていく技術が必要なのだと説明した。

 また、焼く前の茶色い卵液についても「日本の卵はこのように濃い色をしていると言う人もいるが、それは誤りだ」として、卵液の他に出汁などが含まれていることを紹介。焼く前は濃い色をしているものの、実際に焼きあがるときれいな黄金色になることを伝えた。

 記事は最後に「シンプルながらも食感や味は格別で、しかも栄養満点な卵焼き。嫌いになる人などいるだろうか」とその魅力を評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×