同じサービスエリアとは思えない・・・日本と中国の間には「圧倒的な差」=中国報道

同じサービスエリアとは思えない・・・日本と中国の間には「圧倒的な差」=中国報道

中国メディアは、日本と中国のSAを比較すると「その差は非常に大きい」と強調する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では高速道路にあるサービスエリア(SA)はトイレ休憩をしたり、小腹を満たしたりする程度の場所であり、わざわざSAを目指して人が訪れることはない。

 一方、日本では「観光地化」しているSAも存在し、魅力的なSAを訪れるためだけに高速道路を利用するという人もいるほどだ。中国メディアの百家号は23日、日本と中国のSAを比較すると「その差は非常に大きい」と強調する記事を掲載した。

 記事は、中国国内の観光地は「どこも創意工夫が見られず、画一的」だと指摘し、だからこそ多くの中国人が旅行の際には「国外旅行」を選んできたと指摘。そして、近年は日本が渡航先として大人気となっていたが、日本で見られる「細部まで手を抜かないサービス」を体験した中国人が増えているためか、中国国内の観光地で見られた「これまでの常識」に疑問を持つ人が増えつつあることを紹介した。

 そして、中国のSAは多くの人にとって「トイレ休憩」をするだけの場所だと紹介する一方で、こうした現状に疑問を抱く人も増えていると指摘。日本のSAはもはや1つの観光地であるとし、トイレや食事が可能であるだけでなく、非常に清潔で、地域の特産品が販売されていたり、地域の情報発信が行われていたりと、まさに「様々なサービス」が提供されているエリアだと強調した。

 確かに日本には「そこでしか食べられない」ものを提供しているSAや、足湯などで利用客の疲れを癒してくれるSAなど、わざわざ行きたくなる魅力を持つSAは各地に存在する。記事は「日本と中国のSAを比べてみると、同じサービスを提供する場所として存在しているのに圧倒的な差が存在していることが分かるはずだ」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)

×