中国人が「身をもって感じた日本」、あふれる「配慮」に大きな驚き=中国報道

中国人が「身をもって感じた日本」、あふれる「配慮」に大きな驚き=中国報道

中国メディアは、ある中国人が「身をもって感じた日本」について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 自ら実際に体験して初めて理解できるということは珍しくないが、これは中国人にとっての日本旅行も当てはまることのようだ。中国メディアの網易は21日、ある中国人が「身をもって感じた日本」について紹介する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は最初に日本の「タクシー」について紹介している。日本に到着したばかりで多くの荷物を持っていたという中国人筆者がタクシーを利用したところ、中国のタクシーとの違いに驚いてしまったという。日本のタクシーは「新車」かと目を疑うほどにボディーが光り輝いており、車内の座席もシートカバーにはしわや汚れが一切なく、自宅のベッドよりも清潔感にあふれていたと称賛。外観や車内衛生にほとんど気を配らない中国のタクシーとは全く違っていたと伝えた。

 また、乗車と同時に運転手は礼儀正しく対応してくれ、どのルートで目的地まで行くかを前もって説明し、その説明どおりに運転してくれたと振り返り、こうした一連のサービスは「非常に心地よく」、人生で初めて「神様になった気分を味わった」と絶賛した。

 続けて記事の筆者は、日本の治安についても触れ、日本では公共交通機関の車内で誰もカバンなどを盗んだりしないため「安心してひと眠りできる」と驚きを示したほか、日本の公衆トイレにはトイレットペーパーが常備されているだけでなく「予備のトイレットペーパーさえ置かれている」と指摘。公衆用の物品を盗むことが可能な状況でも、日本では誰も盗んだりしないことに感心したことを伝えつつ、すごいのはそれだけではないと強調。日本の公衆トイレの設計や機能は「利用者にとても優しく、荷物を置く場所や上着をかけるフック、赤ちゃんのおむつ台があったほか、小さな子供の背丈にあうトイレも設置されていた」と紹介した。

 続けて、日本人は路上で落とし物を拾った場合、持ち去るどころか、持ち主が探し出しやすいように「路上の目に付きやすい場所に置いておく」などの心遣いをすることもあると説明。日本社会にはこのような「人を思いやる」配慮があふれていることに大きな驚きを感じたものだと振り返っている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)