見分けがつかないとの声も・・・日本旅行が大好きな中国人は「日本人に同化し始めていた」=中国

見分けがつかないとの声も・・・日本旅行が大好きな中国人は「日本人に同化し始めていた」=中国

中国メディアは、日本国内ではこれまで中国人旅行客のマナーの悪さに辟易とする声が存在したのも事実だとしながらも、「日本を何度も訪れていた日本好きの中国人のなかには、マナーや振る舞い方がまるで日本人のような人もいた」と伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって日本を訪れる外国人旅行客は激減しているが、一部の国を対象に海外旅行客の受け入れの検討が始まっている。新型コロナが落ち着けば、近い将来に中国人を含めた外国人旅行客がまた日本に戻ってくることになるかもしれない。

 日本人と中国人は見た目こそ似ているが、日本人から見れば中国人を見分けることは比較的容易なのではないだろうか。しかし、日本を何度も訪れているようなリピーターの中国人については、「見分けるのは困難」という声もあるという。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本国内ではこれまで中国人旅行客のマナーの悪さに辟易とする声が存在したのも事実だとしながらも、「日本を何度も訪れていた日本好きの中国人のなかには、マナーや振る舞い方がまるで日本人のような人もいた」と伝える記事を掲載した。

 記事は、中国人にとって日本は歴史問題や領土の対立があることから「複雑な感情を抱かざるを得ない国」だとしながらも、近年は日本旅行が大人気であったのも事実で、なかにはリピーターとして何度も訪日していた中国人も少なからず存在したことを強調。そして、そのような中国人旅行客は、日本人から「振る舞い方が日本人のようだ」と言われていると伝え、単なる買い物だけでなく、温泉やアニメなど日本の文化を体験するために訪日していたような日本好きの中国人は「日本人に同化し始めていたのかもしれない」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)