日本社会で生きる中国人、感じるのは「民度の高さよりも、抑圧された冷淡さ」=中国

日本社会で生きる中国人、感じるのは「民度の高さよりも、抑圧された冷淡さ」=中国

中国メディアは、中国人が日本社会の中でひしひしと感じるのは「民度の高さよりも、抑圧された冷淡さだ」と伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国も急激な経済成長を遂げたとはいえ、日本経済の成熟ぶりを認める中国人は少なくない。しかし、中国メディアの百家号は25日、中国人が日本社会の中でひしひしと感じるのは「民度の高さよりも、抑圧された冷淡さだ」と伝える記事を掲載した。

 中国人の若い世代のなかには、日本の文化に強い関心を抱き日本を訪れる人も少なくない。しかし、実際に何度か日本を訪問してみると、これまで抱いていたイメージが覆されるのだという。

 記事の中国人筆者は「初めて日本を訪れた際は驚きの連続だった」と伝え、それまで伝え聞いていたように「街全体が整然としていて、非常に清潔でごみ1つ落ちておらず、同時に街中にゴミ箱が設置されていないことにも驚いた」と振り返った。しかし、こうした清潔さは日本に「中国とは異なる厳格なごみ捨てのルール」があるからだと主張し、日本ではごみを捨てる際には「決まった場所」で「決まった分別基準」に沿って捨てなけらばならず、場所、曜日や時間まで指定されていると説明。厳しいルールがあるからこそ、日本は清潔なのであり、「民度の高さが理由ではない」と主張した。

 また、日本人が礼儀正しいとされる動作に「会釈や深々と頭を下げたお辞儀があるが、中国人は違和感を感じて馴染めない」と主張。中国人は握手で相手への尊重を表すが、日本人の挨拶はどこか形式的であり、「やはりルールばかりが優先されているだけの印象を受ける」と主張した。

 記事の中国人筆者は、日本に対する理解が深まるにつれて日本の印象は変化し、「日本社会で強く感じるのは礼儀正しさや民度の高さではなく、厳格なルールという冷淡さや抑圧だ」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)