中国の子どもは、幼稚園の時点で日本の子どもに負けている=中国メディア

中国の子どもは、幼稚園の時点で日本の子どもに負けている=中国メディア

中国メディアは、日本と中国との教育を比較し「われわれは幼稚園の時点で負けている」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・騰訊網は6日、日本と中国との教育を比較し「われわれは幼稚園の時点で負けている」とする記事を掲載した。

 記事は、日本の幼児教育において中国人にしてみれば「非情」とも思える教育が積極的に行われているとし、その例として冬場に薄着または上半身裸で走らせる、幼児に衣服やおもちゃを自分一人で片付けさせ、親は手出しをしないといった事柄を挙げた。

 一方で、中国では多くの子どもたちが中高生になってもなお親の指図に従って衣食住の日常生活を送っていると指摘。このような「溺愛」行為は子どもの自立心の萌芽や成長を阻害し、大きくなっても親に頼ることばかりを考えてしまう人間になるとしたうえで、「実は日本の教育こそが、思いやりや人情に溢れたものだと言えるのだ」と伝えている。

 そして、小さい頃から子どもの自立心を培うためにやるべきこととして、子どもに克服できる困難や試練を与えること、自分の身の回りの事を可能な限り自分でやらせること、そして子ども自身が思うように行動できる適度な余地を与えることの3点を挙げた。

 記事は日本の幼児教育を「非情」、中国の子育てを「溺愛」と対照的な言葉を用いて表現している。ただ、彼ら曰く「非情」な教育の裏には、子どもたちへの愛情があふれていることを見逃してはいけない。その考え方を表している諺が「かわいい子には旅をさせよ」だ。わが子がかわいいと思えばこそ、あえて「旅をさせる」のである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)