日本に行って体験したからこそ理解できた、日本の素晴らしい点

日本に行って体験したからこそ理解できた、日本の素晴らしい点

中国メディアは、日本に行って実体験したからこそ理解できた、日本の良い点について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・網易は8日、日本に行って実体験したからこそ理解できた、日本の良い点について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本について興味があり、中国国内で日本のアニメやドラマを見て勉強したつもりでも、日本に行って自ら体験してみて初めて分かることが多いとしたうえで、その例を紹介している。

 まずは、日本に自動販売機と公衆トイレがたくさん存在することを挙げた。中国ではしばしばトイレが見つからない、飲み物を買える場所が見つからないといった事態に陥ることがあるとしたうえで、日本には街の至るところに飲み物の自動販売機が設置されていると紹介。街頭だけでなく、オフィスビルや休憩スペースにも基本的に設置されており、非常に利用しやすいとした。

 また、日本には無料で利用できる公衆トイレが非常に多く、公園の中や高架下、路地などに設置されている公衆トイレはかなり清潔であると説明。「一体誰が使うんだろうと思うトイレもあったが、ある日の夜に食事会から帰宅途中に突然トイレに行きたくなり、その存在のありがたさが身に染みた」と伝えている。

 記事は「水や飲み物は人類に不可欠なもの。そしてトイレも同様。日本はこういった部分への配慮が素晴らしいのである。一見平凡なように思えるが、実際そこに身を置いてみると本当にありがたさが分かる。これは中国にも欧米にも、真似することが難しいのではないかと思うほどだ」と評した。

 次に挙げたのは、日本に存在する「包容力」だ。日本社会が外国人にやさしくないというのは誤解であり、現実の日本社会では外国人への配慮を確かに感じることができるとした。その例として、日本の空港など多くの施設には特定の宗教を信仰する人が決まった時間に祈りを捧げるための「祈祷室」が用意されていることを紹介。普段は特に気にかけていなかったものの、インドネシアの友人と一緒に飛行機に乗る機会があった際にその存在に気づき大いに感心した、と伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)