中国人は「日系車は良い」と語るが、「具体的にどこが良いのか」=中国報道

中国人は「日系車は良い」と語るが、「具体的にどこが良いのか」=中国報道

中国メディアは、中国人の多くが「日系車は良い」と語るとし、では「具体的に日系車はどこが良いのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、それは「信頼性と質にあった」と論じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国の街では非常に多くの日系車を見かける。事実、中国の自動車市場で日系車は中国系を除けば、ドイツ系に次いで大きなシェアを獲得しており、これは多くの中国人消費者が日系車を支持している証拠と言えるだろう。

 中国メディアの百家号はこのほど、中国人の多くが「日系車は良い」と語るとし、では「具体的に日系車はどこが良いのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、それは「信頼性と質にあった」と論じた。

 記事はまず、中国では日系車について「ボディーの鋼板が薄いため安全性に劣る」といった噂が今なお存在するとしながらも、実際には非常に多くの日系車を見かけると紹介。そして、日系車に乗っている中国人オーナーの口コミは非常に良好であることを伝え、なぜ日系車はこれだけの評価を得るに至ったのかを考察した。

 続けて、日系車が評価されているのは「信頼性」が高く、「技術」が優れているからだと主張。「信頼性」について記は、故障が非常に少なく、トラブルなく乗り続けることができると言う点のほか、ボディに使用されている鉄板が薄く安全性能が劣っているという噂はあくまでも噂であり、安全性能に問題はなく、逆にボディーが潰れることによって事故の衝撃を吸収する設計となっているのだと論じた。

 また、「技術」に関して記事は、「エンジン」、「トランスミッション」を例に挙げ、すべての分野で中国メーカーは太刀打ちできないほど日本メーカーは高い技術を持っていて、燃費の良さや加速性能の高さなど、日々の運転のなかで「その質の高さを感じ取ることができる」と強調。こうした明確な強みがあるからこそ、反日感情が根強く残る中国でも日系車は高く評価され、多くの消費者に受け入れられるのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)