これが日本のサービスなのか・・・まさに「世界屈指」と感動してしまった理由=中国

これが日本のサービスなのか・・・まさに「世界屈指」と感動してしまった理由=中国

中国メディアは、「日本旅行で感じたサービスの質の高さ」について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本はサービス業の質が高いと称賛されることが多いが、旅行者はどんなところで「日本の親切なサービス」を実感するのだろうか。中国メディアの百家号は19日、「日本旅行で感じたサービスの質の高さ」について紹介する記事を掲載した。

 記事hの中国人筆者は、訪日した際に「日本のサービス業は世界でも屈指」と感動してしまったそうだ。どこででも心温まる笑顔が向けられ気持ちの良い時間を過ごすことができたと振り返っている。それは、日本行きの飛行機の機内から感じたようだ。日本人の客室乗務員は心地よい声で話しかけてくれ、子ども連れの乗客には特に気をかけていたと紹介。トイレには必要なものが何でも揃っていて、トイレットペーパーが三角に折られていたと細かな親切に感動した様子だ。

 中国では不愉快な気分にさせられることのある入国審査でも、日本では耳障りな強い口調の声が聞こえてこないどころか、質問する時まで「話し方が優しい」と称賛。旅行客として大切に扱われていると感じたそうだ。高速バスに乗れば運転手が荷物を入れてくれて、電車では車いす利用者が乗れるように駅員が手助けしているのを見たと紹介した。

 車いす利用者、子ども連れなど様々な需要に合わせた多目的トイレに感心したという中国人筆者は、トイレ内に手すりやベビーチェア、オムツ換えに便利な台のほか、赤ちゃんのおしりを洗う台まであると驚いているが、これはオストメイト対応の設備のことだろう。日本のトイレは実に様々な需要に対応していて親切である。記事は、「もっとも素晴らしいのは、塵一つ落ちていないこと、臭くないことだ」と感嘆しているが、中国のトイレはまずそこから変えなければならないようだ。

 記事はほかにも、微笑みが印象的だったタクシーの運転手、感じの良いホテルのフロント、ひざ掛けを貸してくれたレストラン、また行きたくなる靴売り場の店員など、あちこちで印象に残るサービスを受けたと紹介している。

 日本では見慣れた光景でも、中国人にはかなりの感銘を与えているようだ。中国人筆者は、「中国でもこれが普通になる日が来るのを待ちわびている」と期待しているが、そうなるまでにはまだかなりの時間がかかりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)