日本の製造業には「到底敵わない」、それは日本企業が「現場優先主義」だから=中国報道

日本の製造業には「到底敵わない」、それは日本企業が「現場優先主義」だから=中国報道

中国メディアは、日本の製造業の競争力が高いのは疑いようのない事実であると伝える記事を掲載し、それは「現場を優先する考えが生み出した競争力である」と論じた。。(イメージ写真提供:123RF)

 かつて世界の工場と呼ばれた中国だでは今でもさまざまなモノが生産され、世界に向けて輸出されている。ありとあらゆるモノが生産されていると言っても過言ではない中国だが、製造業の競争力という点において中国は日本にかなわないのが現状だという。

 中国メディアの騰訊は18日、日本の製造業の競争力が高いのは疑いようのない事実であると伝える記事を掲載し、それは「現場を優先する考えが生み出した競争力である」と論じた。

 記事は、中国の製造業について「世界の経済を動かすほど大きな影響力を持っている」としながらも、製造業における技術力や競争力という点では日本にはまだまだ敵わないのが現状だと強調。そして、日本が製造業の分野で中国より高い競争力を持っている要因の1つが「現場優先主義」にあると主張した。

 続けて、製品に関わる問題や、顧客のニーズを満たすためのヒントは製品を作る現場にこそ存在することを強調し、その現場をおろそかにしない姿勢こそが日本製品の品質や信頼性の高さを生み出していると紹介。そして、日本では新入社員はまず「製造現場」や「営業」などの第一線に配属され、「現場」を良く知るように教育されると伝えたほか、日本では企業のなかで技術者の発言権が大きく、技術畑をずっと歩んできた社員が経営に携わるケースも多いと強調し、こうした現場主義の考え方が日本と中国の製造業の競争力の差につながっているのではないかと主張した。

 中国の製造業も近年は高いコストパフォーマンスを武器に、消費者を満足させる製品を供給することができるようになってきているが、中国企業は往々にして短期的な利益を追求する傾向があり、製造現場にある問題や改善点を探して競争力を高める取り組みは敬遠されがちなのが現状だ。中国でも日本製品は質が高いとして人気だが、日本製品が高品質なのは、各メーカーが現場を大切にして企業努力を重ねてきた結果であると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)