ネガキャンが原因だった? 中国で「日系車は安全性に劣る」というデマが存在する理由=中国報道

ネガキャンが原因だった? 中国で「日系車は安全性に劣る」というデマが存在する理由=中国報道

中国メディアは、中国では日系車の安全性について「ボディに使われている鋼板が薄いので安全性が劣る」という情報が存在すると紹介しつつ、「それならなぜ日系車は米国などの自動車アセスメントで高い評価を得ているのか」と問いかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 自動車事故が多発している中国では、車の安全性に高い関心を持つ消費者は多い。一方で、関心の高さに「知識の正確さ」が追いついているとは言い難いのが現状で、車の安全性について間違った情報もずいぶん多く存在する。

 中国メディアの百家号はこのほど、中国では日系車の安全性について「ボディに使われている鋼板が薄いので安全性が劣る」という情報が存在すると紹介しつつ、「それならなぜ日系車は米国などの自動車アセスメントで高い評価を得ているのか」と問いかける記事を掲載した。

 中国にも自動車の安全性を評価する機関や、安全性に基づいて保険料を客観的に決定するための機関が存在し、中国はもちろん米国や欧州の安全性評価機関でも日系車の安全性は高く評価されている。記事は「日系車はちょっとした衝突でも大きく破損する傾向にある」とし、それゆえ中国では「日系車は壊れやすい」、「日系車は安全性に劣る」といった間違った情報が広まっていると指摘した。

 続けて、「衝突時に車が壊れやすい日系車は、確かに衝撃に強いとは言えないだろう」と主張する一方、衝突時における「乗員の安全性」という観点から言えば「日系車の安全性は非常に高い」と指摘。

 そして、中国国内で「日系車の安全性が低い」というデマが流れたのは、日系メーカーの競合相手がネット上で行ったネガティブキャンペーンがきっかけだったと言われていると伝え、「そのネガティブキャンペーンに過去の反日運動が重なった結果、いまだに信じる人がいるほどにデマとして定着してしまったのではないかと言われている」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)