なぜだ! 日系車と中国車に対する中国人消費者の評価がこんなに違う理由=中国報道

なぜだ! 日系車と中国車に対する中国人消費者の評価がこんなに違う理由=中国報道

中国メディアは、中国人が国産車である中国車ではなく日系車に好んで乗る理由を分析する記事を掲載し、「中国人消費者に認めてもらうためには、中国車はさらなる努力が必要だ」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国は世界最大の自動車市場だけあって、中国メーカーを含めて世界中のメーカーが激しい競争を繰り広げている。中国人消費者は中国車や米国車、欧州車など様々なブランドから車を選べる状況だが、日系車を支持する中国人消費者は多く、実際に中国の街中では多くの日系車を見かけることができる。

 中国メディアの百家号は21日、中国人が国産車である中国車ではなく日系車に好んで乗る理由を分析する記事を掲載し、「中国人消費者に認めてもらうためには、中国車はさらなる努力が必要だ」と伝えた。

 記事はまず、近年多くの中国人が車を所有するようになっているが、多くのユーザーは車に詳しくはないため、車を購入する際に他人に意見を尋ねる人が多いと紹介。中国車を薦める消費者がいないわけではないが、薦めるとしても「最近はずいぶん進歩している」からという理由に過ぎないと強調。逆に、日系車の場合は「燃費が良いから」、「故障が少ないから」、「コストパフォーマンスが高いから」といった明確な理由で薦める消費者は多いと伝えた。

 続けて、日系車と中国車に対する中国人消費者の評価がこれほど異なっているのは、日系車が中国車に比べて技術力で圧倒的に優れていて、その技術力を背景にブランド力に大きな差が生じているためだと強調。日系メーカーのエンジンは極めて優秀であり、高い動力性能と高い燃費性能を両立しているとし、こうした強みが消費者の評価につながっていると指摘し、こうした評価の積み重ねがブランド力につながっていると強調した。

 確かに中国車も近年は品質が向上傾向にあるものの、日系車との差はまだまだ大きいと強調し、「中国車が日系車のように中国人に認められるには、さらなる努力が必要だ」と論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)